境内から富士山が見える 多摩川浅間神社の参拝記録【東京都大田区】

2024年1月25日
東京都大田区にある多摩川浅間神社へ行ってきました。

多摩川浅間神社 入口

[神社入口]

▼▽アクセス▽▼

東急線 多摩川駅より徒歩2分

多摩川浅間神社 白糸の滝

[白糸の滝]

▼▽御祭神▽▼

木花咲耶姫命
名の「木花」には「桜の花」という意味があることから、社紋に桜が使われています。

多摩川浅間神社 社殿

[社殿]

- - - - -

 

- - - - -

▼▽由緒・歴史▽▼

1185年~1190年:
源頼朝が豊島郡滝野川松崎に出陣した時、夫の身を案じた北条政子は後を追ったが、わらじの傷が痛み出し多摩川畔で治療することになった。
逗留した際に亀甲山へ登ってみると富士山が鮮やかに見えた。北条政子が信仰する富士浅間神社に夫の武運長久を祈り、身につけていた正観世音像をこの地に建てたのが始まりと伝わる。

1907年:
一村一社とする流れから、下沼部村(現在の田園調布南辺り?)にあった赤城神社と熊野神社を合祀した。

多摩川浅間神社 狛犬

[狛犬]

▼▽見どころ・チェックポイント▽▼

見晴台からの景色:晴れた日には富士山が見れます!

多摩川浅間神社 見晴台から 富士山と電車

[見晴台から 富士山と電車]

浅間造りの社殿:都内で浅間造りの社殿はここだけ!

多摩川浅間神社 社殿

[社殿]

親子の狛犬:子が鞠を抱えていて可愛い (*´▽`*)

多摩川浅間神社 狛犬

[狛犬]

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

多摩川浅間神社 御朱印

御朱印は毎月デザインが変わります (*´∀`)b
2024年1月の御朱印は、左上に富士山と社殿・右下に昇龍がデザインされています。
直書き 初穂料500円でした。

▼▽関連記事▽▼

丸子山王日枝神社:多摩川浅間神社から徒歩20分

京濱伏見稲荷神社:多摩川浅間神社から徒歩20分

赤いマントをつけた神猿像がいる 丸子山王日枝神社の参拝記録【神奈川県川崎市】

2024年1月25日
神奈川県川崎市にある丸子山王日枝神社へ行ってきました。

丸子山王日枝神社 社殿

丸子山王日枝神社 社殿

[社殿]

丸子山王日枝神社 社殿彫刻

丸子山王日枝神社 社殿彫刻

[社殿 彫刻]

▼▽アクセス▽▼

東急線新丸子駅より徒歩10分

- - - - -

 

- - - - -

丸子山王日枝神社 狛犬

丸子山王日枝神社 狛犬

[狛犬]

丸子山王日枝神社 境内社と神輿庫

[境内社と神輿庫]

▼▽由緒・歴史▽▼

809年:滋賀県大津市にある日吉大社の御分霊を勧請。丸子庄総鎮守 丸子山王権現として創建。
1178年:平重盛公により社殿を再建。
1642年:徳川家光公から社領20石が与えられる。
1740年:本殿を建立。
1869年:山王権現から日枝神社へ改称。
1923年:関東大震災で拝殿・幣殿が倒壊。
1928年:拝殿・幣殿を再建。
2009年:御鎮座1200年 いくつかの建築物を改修工事。

丸子山王日枝神社 境内社鳥居

[境内社 鳥居]

丸子山王日枝神社 境内社狛狐

丸子山王日枝神社 境内社狛狐

[境内社 狛狐]

- - - - -

 

- - - - -

▼▽見どころ・チェックポイント▽▼

☆山王鳥居・神猿像

丸子山王日枝神社 山王鳥居

[山王鳥居]

丸子山王日枝神社 神猿像

丸子山王日枝神社 神猿像

[神猿像]
日吉大社と関連のある神社で見かけますよね!

☆御神木

丸子山王日枝神社 御神木

[御神木]
樹齢約700年 高さ30メートル 周囲8メートルの3本に分かれた巨木が、明治と大正時代に1本ずつ倒れ、昭和9年に最後の1本が伐採されました。現在は樹根の部分のみ保存されています。
社殿の後ろにあるので見逃さないように!

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

丸子山王日枝神社 御朱印

書置き 初穂料500円でした。
その他に東急線花御朱印巡りの御朱印もあるそうです。

▼▽関連記事▽▼

京濱伏見稲荷神社:丸子山王日枝神社から徒歩10分

日吉・日枝・山王神社の総本宮 日吉大社の参拝記録

たくさんの狐像がある 京濱伏見稲荷神社へ行ってきた【神奈川県川崎市】

2024年1月25日
神奈川県川崎市にある京濱伏見稲荷神社へ行ってきました。

東急線新丸子駅より徒歩約3分・JR武蔵小杉駅より徒歩約10分の場所にあります。

今回、武蔵小杉駅から歩いて行きましたが…
駅が複雑すぎて少し迷子になってしまいました (;´▽`A``

昭和20年~30年頃、戦後の地域復興と活気・明るさを呼び起こすために創建したそう。
戦後に創建された神社なので、境内の建築物はとても綺麗な状態でした。

- - - - -

 

- - - - -

御祭神:常盤稲荷大神・五成大明神(宇賀之魂大神・大己貴神・猿田彦神・大宮能女神・保食之神)

社殿の側にはたくさんの狐像がいます。
108体もいるそうです Σ(・ω・ノ)ノ!

- - - - -

 

- - - - -

日本最大級のものが3つもあると説明板に書いてありました。

御神鏡建造…社殿内の御神鏡 高さ約4.5メートル
御本殿建築…九棟稲荷造り
石像御神使…正面入口の御神使 高さ約4.5メートル

鳥居側にいた狐像… 確かにかなり大きかったな ♪~(´ε` )

境内社も多いです!

特に富士浅間神社は、インパクトのある造りとなっています♪

- - - - -

 

- - - - -

社務所が開いていなかったので、今回御朱印は頂けませんでした。
御朱印は書置きのみ 初穂料500円と張り紙に書いてありました。

地名の由来となった塚がある 塚越稲荷神社の参拝記録【埼玉県蕨市】

2024年1月8日 埼玉県蕨市にある塚越稲荷神社へ行ってきました。
JR「蕨駅」より徒歩約10分の場所にあります。

参道には朱色の灯籠が多く並んでいました!

参道の途中にあったみづせ橋と狛狐。

創建は明応年間(1492年~1501年)と言われている。
御祭神は、京都にある伏見稲荷大社の御分霊(宇迦之御魂命)を祀っている。

- - - - -

 

- - - - -

拝殿は少し高い位置にあるので階段を上る必要があります。

社殿は6メートルほどの塚の上に建っていて、この塚が「塚越」という地名の由来となったものだと言われている。

階段の途中にも狛狐がいました。

境内社の関東宮機神社。
蕨の織物業を発展させた高橋新五郎夫妻が祀られています。

三猿の彫刻が素敵だ (*´▽`*)

- - - - -

 

- - - - -

その他に、天神社天満宮や崖稲荷といった境内社があります。

境内にお寺も!?
こちらは別当寺であった定正寺の観音堂です。
神仏習合の名残ってことでいいのかな~
※定正寺は1871年に廃寺となっています。

▼▽その他の写真はこちら▽▼

- - - - -

 

- - - - -

参拝した日は社務所が閉まっていました。
御朱印は毎月1日と15日しか頂けないようです。
次回参拝する時は御朱印を頂けるといいな ♪~(´ε` )

関連記事

剣神社:塚越稲荷神社より徒歩約20分

奈良時代に創建された古社! 久里浜八幡神社の参拝記録【神奈川県横須賀市】

2021年11月23日 神奈川県横須賀市にある久里浜八幡神社の参拝記録です。

京急線「京急久里浜駅」より徒歩約6分・JR「久里浜駅」より徒歩約10分の場所に鎮座しています。

創建は720年(養老4年)と長い歴史を持つ神社。

御祭神には応神天皇をお祀りしています。
新しい産業文化の育成や、技術導入に熱心であったことから、【先進的なこと・発展的なこと】に御利益があるとされています。

- - - - -

 

- - - - -

神社周辺から弥生式土器や古墳群が発見されたことから、この地区が生活の中心で栄えていたと言われています。

豊臣秀吉が米三石を寄進したり、徳川歴代将軍が武運長久祈願に武具などを奉納したりと、武家から厚く信仰されていました。

- - - - -

 

- - - - -

1811年生まれの狛犬!
顔の彫りや毛の流れがしっかり分かり、とても綺麗な状態で残っています。
良い表情している狛犬だね~ (*´▽`*)

境内社の豊川稲荷社と伏見稲荷社。
稲荷社が二社あるのは珍しいと思います。

境内社の海軍工作神社。
海軍工作学校内にあった神社を遷座したそうです。

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

家紋が2つ押されていてカラフルな御朱印となっています。
直書き 初穂料は300円でした。

日本一小さい市にある小さなお宮 剣神社の参拝記録【埼玉県蕨市】

2024年1月8日
埼玉県蕨市にある剣神社の参拝記録です。
JR「西川口駅」より徒歩約9分・JR「蕨駅」より徒歩約12分の場所にあります。

住宅街の中にある神社!鳥居が無かったら見過ごしてしまいそうです。
見た目は普通の住宅のようですが、一階が社務所・二階が拝殿となっています。

階段を上って拝殿に行くのですが、人の家に勝手に入っているような感覚になりました (;´▽`A``

確かに【日本一小さい市にある小さなお宮】のキャッチフレーズと合っているな…!
※蕨市は全国の市の中で最も面積が狭い。

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

十二支がデザインされた季節御朱印を頂きました。(初穂料は800円)

1000年以上前から存在していた!? 稲毛神社の参拝記録【神奈川県川崎市】

2023年12月30日
神奈川県川崎市にある稲毛神社の参拝記録です。

アクセス方法

 →京急線「京急川崎駅」より徒歩約7分・JR「川崎駅」より徒歩約10分

1000年以上前からある古社!?

 →創建年代については不詳ですが、御神木の樹齢が1000年以上と推定されることから、かなりの古社であると推測される。

- - - - -

 

- - - - -

御祭神

主祭神:武甕槌神(たけみかつちのかみ)

 →東国で争乱が絶えなかった頃、天皇軍の戦勝を祈るため武甕槌神を祀った。

御神徳【人生の試練・困難に勝ち、病気に打ち勝つ力】

配神:経津主神・菊理媛神・伊弉諾神・伊弉冉神

 →欽明天皇の御代(539~571年)、この地方に動乱が絶えなかったため、上記の四柱を祀って戦勝とその後の親和協力を祈った。

山王さんと呼ばれることも…

 →平安時代末期にこの地を領有した河崎基家が山王権現を勧請し、「河崎山王社」「堀之内山王権現」などと呼ばれるようになった。
明治初めに、山王の社名が神仏分離の方針に相応しくないことから、鎮座地の武蔵国稲毛庄にちなんで「川崎大神稲毛神社」に改称。明治中期には「稲毛神社」の名が定着した。
現在も氏子の間では、山王さんと呼ばれ親しまれているそう。

- - - - -

 

- - - - -

御神木と十二支めぐり

 →樹齢1000年以上の御神木は、とても立派で存在感があり!
また、御神木の周囲に十二支の像があるので、自分の干支をチェックしてみましょう♪

天地睨みの狛犬

 →平成3年生まれと比較的新しめ。目力が強く躍動感のある狛犬だ!

前回来た時と何か違うな~と思いながら参拝…
以前参拝した時の写真と見比べると、境内社の鳥居が金色に変わっていた Σ(・ω・ノ)ノ!

- - - - -

 

- - - - -

▼▽2021年2月17日 参拝時の様子▽▼

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

御朱印は、健勝堅固(稲毛神社)・和勝(稲毛神社)・大鷲神社(境内社)の3種類がありました。

【神奈川県横須賀市】雷神社のイチョウを見てきた!(2023.11.27)

2023年11月27日 神奈川県横須賀市にある雷神社の様子です。
境内にある立派なイチョウが、そろそろ黄色く色づいてると思ったので行ってみました!

- - - - -

 

- - - - -

- - - - -

 

- - - - -

黄色く色づいたイチョウと朱色の鳥居の組み合わせが素敵だね (*´▽`*)
こちらのイチョウは樹齢は400年以上
「かまくらと三浦半島の古木・名木50選」に選ばれています。

今回御朱印は頂きませんでした。
御朱印については、前回参拝したときの記事を見てください!

東北以北最大の山門がある 高龍寺の参拝記録【北海道函館市】

2023年10月 函館旅行にて…
高龍寺の山門・本堂などの彫刻が素晴らしいと聞いたので、行ってみることにしました。

[山門]
市電 函館どつく前停留場から外国人墓地へ向かう途中にある寺院です。
函館どつく前停留場から徒歩約10分です。

[山門の彫刻]
1911年建立。
彫刻は山門だけで207個あるとか Σ(・ω・ノ)ノ
東北以北最大の山門と言われています。

[山門の扁額]
龍の彫刻がカッコいい!!
龍と目が合っているような…(写真2枚目)

- - - - -

 

- - - - -

[本堂]
1633年5月 亀田郡亀田村(現函館市亀田町付近)に堂宇を建立したのが始まりで、函館に現存する最古の寺院と言われています!
1879年に現在地へ移り、1899年に現在の本堂が完成。
2012年には、山門・本堂・金毘羅堂など計10の建造物が国登録有形文化財となりました。

[本堂 扁額と彫刻]
本堂の彫刻はとても精密な印象を受けました。
素晴らしい (*´▽`*)

- - - - -

 

- - - - -

[金毘羅堂]
1915年建立。
航海安全・海難救護の神として信仰を集めていて、神仏習合の象徴とされています。

[位牌堂と水盤舎]
位牌堂は1933年に建立。
地上と地下に檀信徒のご遺骨やお位牌をお祀りしています。

[水盤舎]
水盤舎の足元を見ると…
人が力強く担いでいるので忘れずにチェックしましょう!

- - - - -

 

- - - - -

[御朱印]
御朱印を待っている間、お堂の中を見学させて頂きました♪

周辺情報

外国人墓地:高龍寺より徒歩約3分

厳島神社:高龍寺より徒歩約10分

函館大火を乗り越えた狛犬がいる 大森稲荷神社の参拝記録【北海道函館市】

2023年10月 函館旅行にて…
JR函館駅より徒歩約15分の場所にある大森稲荷神社へ行ってきました。
(住所:北海道函館市大森町22-6)

御祭神:宇迦之御魂神
創建:累次の大火により不詳。
「弘化三年再建」の棟札があること・1669年に「大森」の地名があることから、350年前には存在していたと言われています。

1934年(昭和9年)の大火により建築物が類焼。
1937年(昭和12年)に社殿や社務所などを再営しました。

- - - - -

 

- - - - -

ゴツゴツとした玉乗りの狛犬。
こちらの狛犬は昭和9年の大火前からあったものです。
かなりの劣化具合… 大火の影響を大きく受けていると感じました。

1930年(昭和5年)生まれ 赤い被り物をした狛狐。
こちらも狛犬と同じく玉に乗っていました。

神社の裏側に海岸があるので、参拝した際はこちらの景色も見てみましょう♪

- - - - -

 

- - - - -

▼▽御朱印▽▼

直書き 初穂料は500円でした。

寒中みそぎ祭りで有名な 佐女川神社の参拝記録【北海道・木古内町】

2023年10月 函館旅行にて。
北海道上磯郡木古内町にある佐女川神社へ行ってきました。

JR・道南いさりび鉄道 木古内駅より徒歩約10分の場所に鎮座しています。
駅から向かう途中、木々の中に朱色の屋根が見えたので、それを目印に歩きました。

一の鳥居の二の鳥居の間には灯籠が並んでいて、その中でも龍が彫られた灯籠は目立っていました!

- - - - -

 

- - - - -

社殿は高台にあります。
朱色の屋根が目立ちますね♪

創建:1625年
御祭神:玉依姫命
松前藩の河野加賀守源景広が佐女川の辺りに祠を建て、武運長久を祈願したのが始まり。
1831年から行われいている神事「寒中みそぎ祭り」が有名。

1986年(昭和61年)生まれ 目力の強い狛犬だ!

- - - - -

 

- - - - -

佐め川神社
扁額は、「女」ではなく平仮名で「め」となっていました。

社殿右側には稲荷社がありました。

カクカクとした狛狐!前足の盛り上がりは筋肉かな?

社殿右側には石碑や狛犬がありました。

- - - - -

 

- - - - -

ヒビが入っていているので、こちらに退避したのでしょうか?
目や口の着色が若干残っていました。

御朱印はあるようですが…
社務所に誰もいなかったので、今回は頂けませんでした。
また次の機会だ!

関連記事

【函館・五稜郭】最上寺で土方歳三御朱印を頂いた!

2023年10月 函館旅行にて♪
五稜郭公園の近くにある最上寺へ行ってきました。

境内はそれほど広くありません。
五稜郭公園・五稜郭タワーが近くにあるので、参拝者は多いように見えました。

土方歳三の文字は、土方歳三の署名をスタンプにしたものです。
また、中央の印にある卍マークは、五稜郭と最上寺の位置関係を示しています。

- - - - -

 

- - - - -

周辺情報

五稜郭公園・五稜郭タワー:最上寺すぐそば

乃木将軍をお祀りしている 函館乃木神社の参拝記録【北海道函館市】

2023年10月 函館旅行にて…
函館乃木神社へ行ってきたので、その時のことをまとめていきます。

[鳥居と狛犬]

市電 深堀町停留所より徒歩約10分の場所に鎮座しています。
近くには、函館乃木温泉なごみ・陸上自衛隊函館駐屯地・函館競輪場があります!

[社殿]

1912年(大正元年)12月 社団法人函館教育会による乃木将軍追悼祭(百日祭)を行ったことが始まり。
1916年(大正5年) 現在地に神社を創建。

御祭神は乃木希典命・乃木静子命。
近代史の偉人を祀っている神社はそれほど多くありません。

- - - - -

 

- - - - -

[阿形狛犬]

[吽形狛犬]

2011年(平成23年)生まれ!
御祭神100年祭を記念して設置されました。

- - - - -

 

- - - - -

[参道と手水舎]

境内はコンパクト!
建築物など比較的新しいものが多くて、とても綺麗な神社だと感じました♪

[御朱印]

直書き 初穂料は500円でした。

箱館戦争終決の地!亀田八幡宮の参拝記録【北海道函館市】

2023年10月 函館旅行にて!
箱館戦争終決の地 亀田八幡宮に行ってきました。
(住所:北海道函館市八幡町3-2)

[橋と鳥居]

[社殿]

御祭神:誉田別命
創建年代には諸説あるが… 1390年 越前国敦賀郡気比神宮より、八幡大神の御分霊を奉遷したのが始まりと言われている。
1869年5月 箱館戦争の戦場となり、旧幕軍が降伏を誓約した場所でもある。

[狛犬]

1863年(文久3年)生まれ。箱館戦争前からいる狛犬なんですね!
彫が浅くなって丸みを帯びていますが、大きく修復した形跡は見当たりませんでした。

- - - - -

 

- - - - -

[旧社殿]

1964年 現社殿が建立した際に移設され、現在は神輿殿として使われています。
現存する函館最古の建物と言われています。

[旧社殿 彫刻]

彫刻が素敵だ (*´▽`*)
懸魚には龍がいますが… 羽を広げているのでコウモリっぽく見えました。

[境内社]
亀田稲荷神社と函館薬祖神社。

[函館薬祖神社]

御祭神:少名毘古那神

[亀田稲荷神社]

御祭神:宇迦之魂神

観光の移動手段は市電(路面電車)を使っていましたが、こちらの近くには市電停留所がありません。
函館駅からバスに乗ると良いんでしょうが、行き先が多くて分かりにくかったです (;´▽`A``

境内は広々していて緑も多め!
道も綺麗に整備されているので、見て回りやすかったですよ♪

- - - - -

 

- - - - -

御朱印

直書き 初穂料はお気持ちでとのこと。