【横須賀】久里浜八幡神社と久里浜天神社をご紹介

神奈川県横須賀市久里浜にある久里浜八幡神社久里浜天神社へお参りした時のことをまとめました。(参拝したのが2019年11月なので、少し古い内容となっています。)

どちらの神社も、京急久里浜駅/JR久里浜駅から徒歩10分ほどで行ける場所にあります。駅と神社の位置関係は地図の通りです。

f:id:shinchan88:20200620183153j:plain
© OpenStreetMap contributors

久里浜八幡神社

f:id:shinchan88:20200620183157j:plain

御祭神には応神天皇をお祀りしています。養老4年(720年)、当時の武人達により創建されたと伝えられています。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉が小田原城を攻め北条氏を滅ぼした際、こちらの神社に米三石を寄進しました。その後、徳川歴代将軍もこれにならい武具や米などを奉納していたそうです。

f:id:shinchan88:20200620183202j:plain

境内から弥生式土器が見つかっています。また、近隣では前方後円墳も見つかっていることから、この辺りが生活の中心であり栄えていたと推測されます。

f:id:shinchan88:20200620183207j:plain

人や車の通りは比較的多い場所なんですが、境内に入ると落ち着いた雰囲気に変わります。

f:id:shinchan88:20200620183212j:plain

良い表情をしている狛犬さん♪
境内はあまり広くないですが、境内社に豊川稲荷社・伏見稲荷社・海軍工作神社がありました。

f:id:shinchan88:20200620183216j:plain

御朱印には家紋が2つ押されていて、とてもカラフルですね!!
緑色は徳川家の家紋… 由緒書きにも徳川家のことが出ていたので、その繋がりを表わしているのでしょうか?

社務所は人の気配が無かったのですが、インターホンを押したら対応してくれましたよ。

久里浜天神社

三浦半島で唯一菅原道真公を主祭神として祀っている神社です。

f:id:shinchan88:20200620183221j:plain

創建は万治3年(1660年)です。この地域の新田開発を行った砂村新左衛門が、以前から崇敬していた福島天神宮(大阪府大阪市福島区)の御分霊を勧請し祀ったのが始まりです。

f:id:shinchan88:20200620183226j:plain

牛乗り天神像は、平成15年(2003年)に建立されました。
天満宮で牛の像はよく見ますが、天神様が乗っているのは見たことないかも… 珍しいのかな~?

f:id:shinchan88:20200620183231j:plain

安産子宝いぬの銅像。
いぬの周りにある丸いふくらみに干支が書かれています。自分の干支を撫でることで、ご利益を頂くことができます。

f:id:shinchan88:20200620183237j:plain

f:id:shinchan88:20200620183242j:plain

本殿や拝殿は平成13年(2001年)に新たに造営されたそうで、とても綺麗な印象を受けました。

f:id:shinchan88:20200620183246j:plain

牛乗り天神様の印が押されているのが良いですね~♪


京急久里浜駅/JR久里浜駅から非常にアクセスが良い神社です。横須賀方面で神社巡りをする方はお参りしてみてくださいね(*'▽')

f:id:shinchan88:20200620183253j:plain

今回はここまで!!
最後まで見て頂きありがとうございました。